園長のへや&トピック

わたくし稲村園長がさんぽう幼稚園の最新情報や、
最近思ったことなど綴っていきたいと思います。

前ページspaceTOPページspace次ページspace.gifHOMEページ

2024/05/26

カウントダウン5にち

長らく投稿させて頂きました園長の部屋のブログもあと5日になりました。5月31日をもって三宝幼稚園のホームページは終了になります。今日も法事や片付けで疲れました。今日はこれまで!また時間が有れば投稿します。

2024/05/24

疲れた!

お寺の庫裏(住居部分)の工事が始まりました。今日は古い使用していないエアコン(2台)と室外機(4台)の撤去と衣部屋の新規エアコンの設置をしました、なにせ重量が半端ないのでスタッフさんも暑い中頑張ってくれました。また幼稚園の職員室の入り口の壊れていたアルミ・ガラス製のスライドドアを木製の鍵付きスライドドアに替えました。工事はまだまだ序の口でこれからが本番になります。兎に角それぞれの場所で確認しなければならず、今日もクタクタです。今日はもう一杯飲んで寝ましょう。また明日が有るからね!

2024/05/11

後片付け!

毎日毎日後片付けでクタクタです。先日回収業者の方が来てくれて、きく組に集めておいた不用品を回収して貰って幼稚園の片付けは取り敢えづ終わりました。今はお寺の庫裏の片付けで、連休中からずーっとやっていて今日で一先ず一段落することが出来ました。またまた不燃物やら可燃物ゴミが大量に出ました。何か所かに分散して5〜8袋ずつ出す予定です。この後は残す家具をもも・きく組に業者に運んで貰い専門の方にクリーニングして貰い、不用な家具は一か所に集めて業者に処分して貰います。それはそれで良いけれど、電気関係でテレビや洗濯機・乾燥機・冷蔵庫の移動設置が有ります。ほとんどを幼稚園に運び、生活の基盤を作る予定でその配置や日程を考えています。殆どは業者にお願いしますがその置く場所などを考えています。大体見当がついたのですが、電話・FAX・インターネット回線などの器具をどうするか考えています。設置してあるメインは壁や天井を剥がす居間にあるので、どこまで利用できるか、またどうしたら利用可能かを考えていますので悩みは尽きません。でも大体の片付けは9割方終わりました。あとは業者の方々と相談しながらやっていくだけです。心配なのは捨ててしまったものが後日必要になったらどうしようかと思い、部品等で手に入らないものも有るかなと思っています。多分後の祭りかも知れません!あと少しあと少しと自分自身を鼓舞している今日です。

2024/05/04

苦しみのゴールデンウイーク!

4月からお寺の庫裏(書院・座敷・応接間・寺務室・住居部分)の改修工事の為、片付けで毎日悪戦苦闘している今日この頃です。ゴミ袋が毎日溜まっていき、可燃物と不燃物に分けて袋入れしています。不要な家具類は回収業者にお任せしますが、その前に収納物の用・不用を分けなければなりません。この作業が今日も埃まみれになりながら千恵子と頑張って可燃物が5袋不燃物が3袋出ました。今日はお風呂に入って汚れを落として一杯飲んで寝ましょう!テレビではゴールデンウイークのニュースが流れていて皆さん渋滞や混雑で大変みたいですが、遊びに行くのだからしょうがないですよね。それに比べて私達のゴールデンウイークは苦しみの連続です。

2024/04/27

疲れる毎日!

幼稚園の後片付けはほぼプールと大型積み木を残すのみとなりました。その後、お寺の庫裏(本堂以外の座敷・住居部分)の改修工事をするので、現在私と妻の千恵子と息子の喬央と暁央と片付けをしていますが、何と不用品を溜め込んでいたのかと愕然としている毎日です。こちらは3月まで幼稚園の先生だった2人の方にも週2で来て貰って手伝って貰っていますが、なにせ43年に渡り溜め込んできたものだらけなので本当に大変です。家具や本棚やキャビネットの中の本や書類・写真などは園の図書室やきく組教室に移動し、食器や調理器具などは不燃物の袋に入れて回収日の隔週金曜日に2か所に分散して出します。既に15袋近く出しましたが、今日現在では20袋位出ました。可燃物などは数えられない位毎週月木に3か所に分散して出していますが、一昨日に13袋位出しましたが、今日現在15袋位あって、月曜日に3か所に分散して出します。また保存する家具類はもも組に運んで貰いクリーニングして貰う予定です。この不要物を片付けておかないと、改修工事には入れません。何とか5月中旬までには何とかしなければと脊椎狭窄症の病身に鞭を打って頑張っています。5月末から工事に入って9月末には完了を目指していますが、状況によっては10月までずれ込むかも知れません。兎に角毎日ごみ・不用品の処理と保存するものを分別して収容先を確保して保存しなければならなりません。1昨日も今日もbookuoffに通いました。あと5〜6ケ月の辛抱です。
頑張ろう!

2024/04/21

後一つ!

先々日にお知らせしましたYAMAHA製のグラスファイバープールをお譲りの案内をしましたが、もう一つ有りました。それは木製の大型積み木です。数が結構有りますので、取りに来られれば無償でお譲りします。連絡頂ければ対応致します。

2024/04/19

片付け!

幼稚園を閉めていろいろな本や教材などをいろいろな園の方々に引き取って貰いましたが、まだまだ使用できるものが有ります。そのうちの一つが「YAMAHA製のユニットプール」です。2tトラックで4人の運び手が居れば運搬は出来ます。他に「腰・足洗い槽」「プラスチック製のすのこ」も併せて御譲ります。代金は5〜10万円位で結構です。流石にYAMAHA製だけあって、40年近く使用していますが、6月から8月までの2ケ月なので、多少傷は有るけれど至って丈夫でまだまだ使用できるものです。よろしければお問い合わせください。いろいろ相談に応じます。

2024/04/14

4月になって!

今、園の片付けで毎日奮闘中です。園にあった絵本・紙芝居・園児いす・六段の跳び箱・マット・遊具のスクーターや三輪車・回転遊具などを太田の幼稚園さんなどに引き取って貰いました。明日は本をブックオフに引き取って貰います。また教卓や園児の道具入れのキャビネットや木製の物も業者に処分して貰います。だいぶ片付いて来ましたが、まだまだやらなければならない事が有り、もう少し時間がかかりそうです。40年に渡り運営して来たので如何に不用品が沢山有ったのか、不燃物や可燃物でゴミとし出せる物も何回・何ん箇所に分けて出しました。つくづく処分する事が大変か分かりました。この後はお寺の庫裡の処分が待ってます。台所用品や私や妻の洋服が沢山あるのでどうしようかなと考えて頭が一杯です。なんとか4月中には目処をつけたい所です。また足を引きづりながら頑張らねばと思っています。

2024/03/30

Iいよいよ今日でおしまい!

先週の土曜日は卒園児に「さよならさんぽう幼稚園」として園に来てもらって欲しい絵本や遊具などをプレゼントして幼稚園のお別れ会をしました。今日は群馬県仏教保育の園と太田市私立幼稚園の先生方に来てもらって、園の備品など一部有償でしたが殆どを無償で提供しました。園児イス、楽器、絵本、紙芝居、乗り物、回転遊具、跳び箱、大判カラーペーパー、色紙、ポスターカラー、補充用の絵の具や糊などまだまだ使えるものを有効利用して貰いたくてお分けしました。皆さんに喜んで頂けたと思います。そのまま粗大ゴミなどで処分するには勿体ないものばかりだったので、再利用して貰えればそれぞれの「もの」の命を活かすことになります。先生方も今日で取り敢えずお別れです。長い間園のために尽力頂いた事に深く感謝いたします。25才で幼稚園に入って早45年、2500余名卒園児送り出せたのも全て先生方の汗と涙の賜物です。私なりに「これからの太田、日本を背負ってくれる子ども達に何が必要か」を考えて教育・保育を行なってきました。私1人で出来るものでは無く、千恵子先生と二人三脚で頑張って来ましたが、二人共閉園決めてから体調が思わしく無く、足が悪くなるところまで一緒で困ったものです。まだまだ残務処理が残っていますが、それ終わるまでは老骨に鞭を打って頑張ろうと思っています。

2024/03/28

いよいよ明日で幼稚園業務終了!

卒園式のあと、預かり保育の春休み〔ひまわり組]が21日から行われていましたが、いよいよ明日で終わりになります。今でこそ預かり保育は当たり前ですが昭和60年に三宝幼稚園では預かり保育を始めていました。何故かというと理由が2つ有りました。1つは園児の放課後の遊びが子ども同士で「〇〇ちゃんちに遊びに行っても良いかな?」と
子ども同士の会話を良く聞きました。ただ親の承諾も無いので、多分家に帰ってから親が連絡して送り迎えしていたのでしょう。それなら幼稚園で預かって遊ばせれば一番良い方法かと思いました。2つ目は保護者が菓子折りを持って、「今日学校に用事が有るので〇時まで預かって貰えませんか?」というケースが結構有ったので、幼稚園で有料で預かれば保護者も心置きなく預けられるのではと思いました。そこで幼稚園で4時半まで一日500円で預かりました。そんな折、県の調査が有り、「幼稚園で放課後の保育は出来ません」という事でした。すでに希望者も有り止めるわけにはいきませんでしたので、幼稚園ではなくPTAが主体で行い、園は教室を貸しているということでしぶしぶ了解が得られました。今では信じられませんが当時は預かり保育は認められていませんでした。収入は園の会計とは別に「いちょう組」の群銀の口座を作りその収入から預かり担当の先生に支給したという経過も有りました。その後平成になってから夏休み・冬休み・春休みの預かり保育「ひまわり組」を始めました。平成の20年位から幼稚園での預かり保育が認められてきてそのうち、園で預かり保育をしなさいという風に風向きが変わって来ました。今ではそれが幼保一元化に近づくための「子ども園」構想に繋がって今日に至っています。「時代は変わる」はボブ・ディランの歌では無いけれど確かに時代は常に移ろい変化しているのだなと痛感します。三宝が閉園するのも時代が変わったからかも知れません。諸行無常はお釈迦様の教えでも有りますが、「世の中に常なるものは無い」ということですね!明日が庭から子どもの声が響くのも最後になります。一抹の寂しさは明後日から感じるのでしょう!

line

前ページspaceTOPページspace次ページspace.gifHOMEページ



- Topics Board -